総合医学研究所 先端医療研究領域ヒト幹細胞制御研究分野Division of Stem Cell Research

JapaneseEnglish

研究室HP

iPS 細胞の発見により急速に発展している幹細胞技術を駆使したヒト細胞による先端医学研究の推進を目指して、2019年2月に発足した新しい分野です。
マウス等を使って得られる知見をヒトに対する医薬へ応用しようとしても多くが治験段階でドロップすることが見受けられる事実から明らかなように、医療応用はヒト由来の材料を用いた基盤研究が必須です。本研究分野では、scientific evidence に基づいたヒト幹細胞による医療に資する研究を目指しています。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内線3984) / FAX: / Email:

所属者紹介

教授(併任)

  • 下平 滋隆

講師

  • 加藤 友久

助手(併任)

  • 硎 美紗

主な研究業績

  • Shimodaira, S., Yanagisawa, R., Koya, T., Hirabayashi, K, Higuchi, Y., Sakamoto, T., Togi, M., Kato, Jr., T., Kobayashi, T., Koizumi, T., Koido, S. and Sugiyama, H. (2019) In vivo administration of recombinant human granulocyte colony-stimulating factor increases the immune effectiveness of dendritic cell-based cancer vaccination. Vaccines; 7: pii: E120.
  • Strnadel, J., Carromeu, C., Bardy, C., Navarro, M., Platoshyn, O., Glud, A.N., Marsala, S., Kafka, J., Miyanohara, A., Kato Jr., T., Tadokoro, T., Hefferan, M.P., Kamizato, K., Yoshizumi, T., Juhas, S., Juhasova, J., Ho, C.-H., Kheradmand, T., Chen, P., Bohaciakova, D., Hruska-Plochan, M., Todd, A.J., Driscoll, S.P., Glenn, T.D., Pfaff, S.L., Klima, J., Ciacci, J., Curtis, E., Gage, F.H., Bui, J., Yamada, K., Muotri, A.R. and Marsala, M. (2018) Survival of syngeneic and allogeneic iPSCs-derived neural precursors after spinal grafting in minipigs. Science Translational Medicine; 10: eaam6651.
  • Nasu, A., Ikeya, M., Yamamoto, T., Watanabe, A., Jin, Y., Matsumoto, Y., Hayakawa, K., Amano, N., Sato, S., Osafune, K., Aoyama, T., Nakamura, T., Kato, T. and Toguchida, J. (2013) Genetically matched human iPS cells reveal that propensity for cartilage and bone differentiation differs with clones, not cell type of origin. PLoS ONE; 8: e53771.
  • Tsuchiya, Y., Asano, T., Nakayama, K., Kato, Jr., T., Karin, M. and Kamata, H. (2010) Nuclear IKK is an adaptor protein for IB ubiquitination and degradation in UV-induced NF-B activation. Molecular Cell; 39: 570-582.
  • Kato, Jr., T., Delhase, M., Hoffmann, A. and Karin, M. (2003) CK2 Is a C-terminal IB Kinase Responsible for NF-B Activation during the UV Response. Molecular Cell; 12: 829-839.

主な外部研究資金

  • 2017年度-2021年度, 生理学的データ統合システムの構築による生体埋込型・装着型デバイス開発基盤の創出. 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA), 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST):領域統括 齋藤 直人(信州大学):生体埋込型・装着型デバイス共創コンソーシアム, 研究開発課題5代表者:下平 滋隆
  • 令和2年~5年度 国立研究開発法人日本医療開発機構(AMED)難治性疾患実用化研究事業;薬事承認を目指す再生・細胞医療・遺伝子治療のシーズ探索研究:「筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する遺伝子治療法の開発」、研究開発分担者;加藤友久